MAR ADENTRO

映画・音楽・本とりあえず何でも食べますはっきり言って宇宙人ですはい。日記もつけますボケ防止のために。変な女子高生の変哲のない日常を覗きたい悪趣味な方はエンタープリーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Memories Of Tomorrow






wsmgrblqlc.jpg




明日の記憶


About the Movie
D:堤 幸彦
C:渡辺謙
樋口可南子
坂口健二
and more...

○広告代理店に勤める49歳の佐伯雅行。仕事も充実し、一人娘の結婚も控え、公私ともに忙しくも幸せな日々を送っていた。ところが最近になって急に物忘れが激しくなり、不安になって病院を訪れた佐伯は、そこで衝撃の事実を告げられる。医者が下した診断は“若年性アルツハイマー”というものだった。やり場のない怒りと不安に苛まれる佐伯。だが、そんな夫を妻の枝実子は静かに受け止め、2人で一緒に病と闘い続けようと覚悟を決めるのだった...。●




劇場で見た久しぶりの邦画。
まあ、ミチー見たさだったんですけど・
劇場では年代にかなりの落差があり非常にアウェイでしたが
ちゃんと泣くところでは泣きましたよ、お年寄りに混じって・・・(コラ
肝心の中身ですが。
さすがに今回ばかりはM先生は死にませんでsなかなか重厚な人間ドラマです。
前半までは優秀なつくりでした。
泣けるシーンがいっぱいあって、つい泣いたところも。
やっぱり渡辺謙は日本では数少ないいい役者さんですね。
演技に重みがある。草薙なんかとは大違いだわ(日本沈没参照
それはやっぱり、渡辺謙のプライベートな問題とかとも重なってるからだろうけど、この役ははまってたと思います。
奥さん役の樋口可南子もよかったと思います。献身的な妻の役が自然にこなせていました。
とまあ、これは前半部分の感想ですあくまでも。
後半から一気にだだすべり。
折角順調だったのに崩れると早いですお。
やっぱり邦画はつめが甘いなと痛感・
「何で?」と一瞬でも客に思わせてしまうと、急速に客は映画の世界から離れてしまう...のにも関わらず、そのほころびで一気に物語への興味が失せた
いや、ていうかラストは反則でしょ!退場退場!ジダンのように!!
ありゃーコントだっぺ。いや下手なコメディより100倍は面白いけど、こんな重い真面目な路線の話をこんな風にしてはいけません。
映画の質がラスト30分で急速に落ちました。鮮度を失ったポテトのように。
意図がよく分からなくなってきてるしね。
大体何で道覚えてるんおまいとか思うしね。
ま、何を隠そう笑ってるのはわたしたちだけでしたけどね。
前半のまま創れば、心にじーんと残るようないい映画で終わるはずです
やっぱり堤はトリックだけか。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2006/07/22(土) 00:56:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Like That | ホーム | The Darkest Night>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maradentro.blog60.fc2.com/tb.php/16-7095bc87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マーブル岡野

Author:マーブル岡野
誰か僕に
火を点けて

飛ばしてくれ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。