MAR ADENTRO

映画・音楽・本とりあえず何でも食べますはっきり言って宇宙人ですはい。日記もつけますボケ防止のために。変な女子高生の変哲のない日常を覗きたい悪趣味な方はエンタープリーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Neon Genesis Evangelion - The End of Evangelion

20051005rebirth_sin-misa.jpg




新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを君に
About The Movie
D:庵野秀明
C:緒方恵美(碇シンジ)
三石琴乃(葛城ミサト)
林原めぐみ(綾波レイ)
and more...

●使徒との戦いには絶大な力を発揮したネルフも、人間相手には無力であった。戦闘の中、アスカが復活を遂げ、弐号機で戦略自衛隊を退ける。さらに彼女は、エヴァンゲリオン量産機にも戦いを挑む。しかし、その頃、シンジはまだ自分の殻に閉じこもったままだった。遂行されるのはゼーレの人類補完計画か、ゲンドウの補完計画か。初号機はサードインパクトからヒトを救う方舟となるのか、ヒトを滅ぼす悪魔となるのか。○






みなさんこんばんは。
今さら見ましたエヴァンゲリオンのコーナーです・
映画のみならず、TVアニメ版の感想というかなんというかも併せてお楽しみください。
ではまず劇場版のほうですね。
アニメのもう一つの完結編ということですが
さっぱり意味わかりません
庵野がやりたい放題やってるってノリ。
私はアニメにあまりというかほぼ全く詳しくないのでとやかく言えませんが
とりあえず人類補完する前にストーリーの補完を頼む
画面上では、惨劇が繰り広げられているというのに
そこにはカタストロフィーのかけらも感じ取れない・・・
何故か妙に薄っぺらい。
そしてあの計画性のない「人類補完計画」のなれの果て。
TV版と比較する。
TV版では(ラストはともかく)非常にリアリティー溢れる現実的な世界が舞台でありながら、あまり堅苦しいという雰囲気はなかった。
同時進行で主人公のデリケートな内面を描いているという要素も、エヴァを堅いだけのアニメにしなかった原因のひとつだと思うけど、
一番のポイントは構図にあると思う。
アニメなのに映画のようなつくりをしていて、だから少々堅苦しい話にもすんなりのめり込めた。私にとってはエヴァは、映画感覚で楽しめたのだ。
それにあの奇抜な作り(ポケモン問題で今は絶対できないあれ
あれもすごく好きだった。
・・・それでもTV版のラストでさえ、納得できないものだった
結局ゼーレやら何やらの秘密はよくわからなかったし。
それで劇場版に答えがあると思って見てみたら・・・

余計わかんねorz
たぶん、ラストのプロットまでしっかり立ててなかったんだろうな・・・という感じは否めない
これ見て「これぞエヴァのラストにふさわしい!」って言ったファンどれぐらいいるんでしょ・
私にはわからないような奥の深さがあるのかもしれないけど、
伝わらないラストなんていくら製作者の意図が深かろうが意味はないと思う。
それに、本当に深い映画なら考えさせられるし、何より「もう一度見たい」と思うはず。
あれだけTV版の出来がよかったのに「もういい」と思わせてしまうこの劇場版、
ある意味凄いかも。



あー長くなった・
要約すると、TV版は面白かったけど残念でしたって話
今までの長丁場は全部前座よ。
あたしが本当に語りたいのは彼のことなのよ



eva8.jpg




僕は君に会うために生まれてきたのかもしれない・・・・






ねーっカヲル君っww(〇´∀`●)
そんな子犬みたいな目で見つめないでっ(ぇ
つかカヲル君を殺したからこんなことになったんですよ。
大人しくあの回でネルフがカヲル君にぶっつぶされてりゃあーよかったんだぁあ!(おい
弱虫でバカな主人公よりカヲル君の方がエヴァに華を添えてくれるわよ。
やばいよ可愛いよ。
あの回は永久不滅だよ!!!!




それじゃ、どうでしょう(6チャンの)見るからばいばいw


スポンサーサイト
  1. 2006/07/30(日) 01:38:40|
  2. Movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Time is Runnig Out | ホーム | Mary Jane>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maradentro.blog60.fc2.com/tb.php/30-057ccfe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マーブル岡野

Author:マーブル岡野
誰か僕に
火を点けて

飛ばしてくれ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。