MAR ADENTRO

映画・音楽・本とりあえず何でも食べますはっきり言って宇宙人ですはい。日記もつけますボケ防止のために。変な女子高生の変哲のない日常を覗きたい悪趣味な方はエンタープリーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The Notebook



kimi.jpg


きみに読む物語
About The Movie
D:Nick Cassavetes
C:Ryan Gosling 
Rachel McAdams 
Gena Rowlands
and more!


○とある療養施設に独り暮らす初老の女性。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていた。そんな彼女のもとへデュークと名乗る初老の男が定期的に通い、ある物語を読み聞かせている。それは古き良き時代、アメリカ南部の夏の恋物語だった――。1940年、ノース・カロライナ州シーブルック。裕福な家族とひと夏を過ごしにやって来た少女アリーは、そこで地元の青年ノアと出会う。その時、青年のほうは彼女こそ運命の人と直感、一方のアリーもまたノアに強く惹かれていくのだった。こうして、2人の恋は次第に熱く燃え上がっていくのだが…●




これを見たというお友達たちはみなさん「感動してめっちゃ泣いた」っておっしゃってました。
なので私は軽く期待していました。
ていうかこれアンビリーバボーでも特集してなかったっけえとかも思ってました。


でも・・俺こういうありがちなん無理なのおお!!変な映画見過ぎて根性曲がってるからあああぁぁ!
まずストーリー展開がベタ。それは覚悟してたけども、やっぱり私には合わずだれてくる。
それと、老人が認知症の老婦人にラブストーリーを語り始める・・・的な話の進め方、これは一体何を狙っているのか?
もう最初からばらす気満々やったんか?それとも観客に次第にわからせるような流れにしたかったんか?
でも開始即行で容易に「あー、たぶん2人は夫婦でこの話はふたりの話なんやろうなあ」って分かってまうわけやし・・・
うーんorz
それと、若いふたりの恋をなんとなく応援できないのよね。
女にも男にも感情移入ができにくかった・・・ベタやからやろなほんで普通の乙女はできるんやろなびええん
だいたい一目惚れでそこまで突き進めるかよ?しかもそういう積極的なタイプじゃないって自己申告してたお前が一目惚れぐらいでそんな180度変われる?ねえ、変われるの?人間ってそんなにすぐに変われるものなんでしたっけ?なら私だってとっくにもっといい人に変わってますけど?そしたらこの世に戦争なんてえもんはなくなってるんじゃないですかね?


・・・・言い過ぎたよ謝るよ。



いや、でもな突っ込むところはまだまだあんねん。その後も若いふたりのありがちな悲恋が展開していきますわなあでもまあそれはいいでしょうベタなのは覚悟の上なわけですし。何年か過ぎて引き裂かれたふたりが再会するけどもすでに女は婚約してて・・てのもまあほんっとによくある使い古された手ですわていうか普通しますよ婚約ぐらいね。でもさーこの映画って純愛がウリんなんでしょ純愛が。婚約者の立場からするとこんなあばずれはいないわけでさあ婚約者は主人公の100倍ぐらい社会的地位も人柄も上っぽいのにあまりにも可哀想すぎる。もともと感情移入ができてない私としては無事結ばれた2人を心の底から祝福できないわけですよ。身勝手やなあこいつらはとしか言いようがないんですよね。それは私という人柄にも問題はおおいにあると思うんですけどね?はい。




違うよ、泣かすつもりなんてなかったんだよ・・・
最後まで言いたいこと言ってから君の意見は聞くからさ。
言わせなきゃ言いたいこともいえないこんな世の中以下略歌うぞ?ん?




最大の疑問点はオチですよ。いくら何でもありえねえっつの。ありえなさすぎておもしれえっつの。てめえらはあれかい、え?ネロとパトラッシュかい?やっぱり空想的なラブストーリーじゃないのお笑いぐさだわまったくもう。おとぎ話っていうのよそれを!
「そうだったらいいのにな」の世界でしょうに?こんなとんとんとんとんいい感じにふたりの絆を深めるために神様が用意してくれたシナリオのような悲劇が起こるわけないって。
もしもこれがノンフィクションでもよ?絶対130%脚色ばりばりですって。あーやだやだこういう万人ウケ狙うような映画。性に合わないよ。じゃあ見るなって?他人の意見&予告に踊らされた結果だよ!ファッキュー。



とまあ、散々語ったけど・・・そこまで最悪だったってわけじゃないよ?
突っ込みどころを的確に全部言ったまでさ。
普通に恋愛映画楽しみたいな~って人には断然おすすめですよ。
真っ直ぐな感性を持っていれば感動もできると思いますよ。
まあ、私みたいな偏屈なやつは見ない方がいいかもね。
でもここで誤解しないでいただきたいのは、私はラブストーリー嫌いなわけじゃないですよ
明日すっげよかったラブストーリーを紹介しますww



スポンサーサイト
  1. 2006/09/10(日) 23:58:52|
  2. Movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Never Forget | ホーム | Self Esteem>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maradentro.blog60.fc2.com/tb.php/59-a92ee830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マーブル岡野

Author:マーブル岡野
誰か僕に
火を点けて

飛ばしてくれ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。